大人ニキビ改善に低用量ピルを使うメリットとデメリット

ラミューテ公式サイト

 

大人ニキビで悩んでいる人は大勢いますが、その症状が酷い場合は、通常のニキビケアでは治らない場合もあります。

 

低用量ピル

そのような人の中で、特に生理前のニキビが酷い女性のための治療法として、ホルモン治療としての低用量ピルの服用が適している場合も考えられます。

 

ピルは基本的には避妊のための薬であり、効き目のある薬である以上は副作用もあります。

 

それはデメリットには違いありません。

 

しかし副作用が酷く出る人はごく一部であると言われており、多くの場合、低用量ピルはニキビの改善効果も期待出来る薬であると言えます。

 

女性の身体には、女性ホルモンも男性ホルモンも存在します。

 

そして例え正常に生理がきていても、ストレス等によってホルモンバランスが崩れ、女性ホルモンの分泌量がいつもより低下している場合もあります。

 

体温計

ホルモンの乱れによって、必ずニキビができるわけではありませんが、ニキビの重症な人や中々治らないという人に、基礎体温をつけるように助言しますと、生理が無排卵月経だったという人が多いのだそうです。

 

従ってアゴ等のフェイスラインにニキビができやすく、またそれが治りにくい人は、ホルモンバランスが崩れたことが、ニキビの原因である可能性が非常に高いのです。

 

月経前後にニキビの増加や悪化に悩まされる人にも、同じことが言えます。

 

そこでこのようなニキビの改善には、低用量のピルの服用が有効だということになるのです。

 

これらの大人ニキビの症状は、マーベロンやアンジュ等の一般的な低用量ピルでも、充分改善出来ると言われています。

 

低用量ピルを服用するホルモン治療により、ニキビの原因となる皮脂の過剰な分泌が抑えられますので、ニキビ治療の根本的解決策とも言えます。

 

これが低用量ピルを使用する際の最大のメリットです。

 

お肌の悩み

このような低用量ピルが使用される前に使用されていたのは中高用量ピルでしたが、これらのピルを服用しますと、頭痛・吐き気・不正出血等の副作用がありました。

 

低用量ピルでも飲み始めてから数日〜数週間の間に、吐き気・だるさ・頭痛・乳房の張り等の副作用が出る場合もありますが、これはごく少数の人に限られるとのことです。

 

つまり殆どの人には、服用した際に副作用が出る心配がないということです。

 

また低用量ピルの服用はニキビ症状の改善だけでなく、月経不順の改善や月経前緊張症の症状の改善にも、有効であると言われています。

 

ホルモンバランスのゆらぎも調整出来るとのことです。

 

月経に伴う様々な不調を改善すればホルモンバランスも安定しますから、それもまた大人ニキビの症状の改善や予防につながります。

 

妊婦

これも低用量ピルを使う際の大きなメリットです。

 

但し35歳以上で1日15本以上タバコを吸う人や、血栓症になったことのある人、高血圧の人、妊娠中或いは授乳中の人は、低用量ピルを服用することは出来ません。

 

そして40歳以上の人、何歳でも1日何本でもタバコを吸う人、肥満の人、血縁者に血栓症になった人がいる人、子宮筋腫等の婦人科系の疾患がある人は、低用量ピルを使用しても良いかどうかを、必ず医師に相談するようにしてください。

 

薬のメリットを最大限に活かすには、1にも2にも正しい用法と用量で服用することが大切です。

 

ラミューテ公式サイト