ラミューテ公式サイト

 

ラミューテはビオリズム洗顔フォーム・エンリッチ化粧水・アドバンス保湿美容液がセットになった、ニキビの解消や美肌に効果のあるスキンケアシリーズ。

 

ここでは、このラミューテのアイテムの効果的な使い方について、お話していきたいと思います。

ラミューテ美肌セット

 

ビオリズム洗顔フォーム

ラミューテ洗顔フォーム

まず1つ目は、ビオリズム洗顔フォームの使い方についてです。

 

最初に1.5cm分位の洗顔フォームを、定期コースの申し込むとついてくるオリジナルの洗顔ネットか、市販の洗顔ネットにとって、しっかりと泡立てます。

 

洗顔は泡で洗うことが大切ですので、しっかりと濃密な泡を立てるようにし、指を直接肌につけてゴシゴシこすりながら洗ってしまいますと、肌に必要な皮脂までとれてしまい、逆に皮脂の増加を招いて、ニキビを増やしてしまう可能性がありますから、決してしないようにしてください。

 

洗顔中

洗顔フォームの泡は、肌を優しく転がすように包んで、全体をクルクルと転がし終わったら、ぬるま湯で濯ぎます。

 

濯ぎ残しがありますと肌荒れの原因になりますから、濯ぎ残しのないように、最低10回は濯ぐようにしましょう。

 

洗顔は顔に乗せてマッサージする感じではなく、泡を押し付けるようにして洗顔するのがポイントです。

 

エンリッチ化粧水

エンリッチ化粧水

洗顔が済みましたら次は化粧水をつけます。

 

エンリッチ化粧水500円玉大を手にとって、顔全体に馴染ませるようにしまがら、肌を優しく抑えてください。

 

特に気になるところや、乾燥しているところは、少量づつ重ね付けしても構いません。

 

化粧水をつけてから手の平で肌を押し、もっちりとした感じで肌が吸い付いてくる感じになっていればOKです。

 

アドバンス保護美容液

アドバンス保護美容液

そして最後は美容液をつけます。

 

アドバンス保護美容液、6〜10滴を手にとってから、顔全体に優しく伸ばし、ギュッギュッと押し込むようにして肌に定着させましょう。

 

特にハリが欲しいところには、やはり重ねづけしても良いでしょう。

 

ここでお話している使い方は、あくまで基本の例ですので、肌の状態や特に肌の状態が酷い場合には、アレンジしてつけても大丈夫です。

 

スキンケア中

化粧水を使った効果的な方法には、コットンパックというものもあります。

 

生理後等は特に皮脂分泌が活発になってくる場合がありますので、テカったり毛穴が目立ったりするケースもあります。

 

そこでコットンか市販のコインマスク等に化粧水をタップリ染み込ませ、顔全体をそれでパックするのです。

 

そうやって水分を補給することによって、皮脂と水分のバランスがとれて、皮脂の過剰な分泌を防ぐことが出来ます。

 

また洗顔後の保湿美容液の使い方についてですが、殊に生理前は肌がカサカサして乾燥しがちになりますから、いつもより念入りに美容液をプラスする必要があります。

 

そこで洗顔の段階で、保護美容液を2〜3滴洗顔フォームに加えておき、通常のようによく泡立ててから洗顔しますと、洗い上がりがよりしっとりとして、効果的な保湿になります。

 

その後に、先にお話したコットンパックを行うことによって、肌の深部にも潤いを補給することが可能になります。

 

ラミューテライン使い

 

ラミューテ公式サイト