大人ニキビと思春期ニキビの違い

ニキビ肌の女性

大人になってからのニキビは、思春期のころとはできる場所が違ったり、長引いたりします。

 

大人ニキビと思春期ニキビは何が違うのでしょうか。

 

大人ニキビも思春期ニキビも、できる仕組みそのものは一緒です。

 

皮脂が過剰に分泌されることと毛穴の出口がふさがれることで、毛穴の中に皮脂が溜まってしまいニキビの元になるのです。

 

そして悪化すると毛穴の中で皮脂を栄養にアクネ菌が繁殖し、炎症を起こしたりします。

 

ですが、大人ニキビと思春期ニキビでは起こる原因が違うのです。

 

思春期になると男性ホルモンが増えますが、男性ホルモンは皮脂の分泌を活発にするため、過剰になった皮脂が毛穴に溜まりニキビの原因となるのです。

 

第二次成長期が過ぎれば男性ホルモンの分泌が落ち着いて皮脂の分泌も安定し、思春期ニキビはできなくなります。

 

これに対して、大人ニキビは肌のターンオーバーの乱れや肌の乾燥により角質が溜まり毛穴をふさいでしまうことが主な原因です。

 

女性の場合は生理周期に合わせたホルモン分泌の影響や、メイクによる毛穴の詰まりも原因となります。

 

肌のターンオーバーの乱れはストレスや生活習慣などさまざまな要因が絡むため、大人ニキビはなかなか治らなかったりします。

 

また、ニキビができやすい場所も異なります。

 

思春期ニキビはおでこから鼻のまわりのいわゆるTゾーンや、頬、こめかみにできます。

 

これに対して大人ニキビになると、口の周りや、あごなどのフェイスラインにできやすくなります。

 

ラミューテ公式サイト