生理前にできるニキビの原因

頭を抱える女性

生理前にニキビが増えるというも少なくありません。

 

月経前症候群(PMS)の症状として、イライラや頭痛、腹痛などとともにニキビもあげられています。

 

女性の体は生理周期に合わせて女性ホルモンの分泌量が変わります。

 

女性ホルモンは卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類で、生理前は黄体ホルモンの分泌量が増えます。

 

そしてこの黄体ホルモンは皮脂の分泌を増やすはたらきもあると言われています。

 

そのため生理前は黄体ホルモンの影響で皮脂の量が増え、毛穴につまってニキビができるという仕組みだと考えられています。

 

肌荒れを気にする女性

また生理前の時期は肌が乾燥して荒れやすく、肌の角質量が増えて毛穴がつまりやすくなっています。

 

さらに生理前のイライラからつい甘いものに手が伸びたり食べ過ぎてしまうと、そのせいで肌の調子が悪くなり皮脂の分泌が増え、これもニキビの原因となります。

 

このため生理の2週間前からだんだん肌の調子が悪くなり、生理前にニキビが急に増えるというパターンも良く見られます。

 

生理が始まると黄体ホルモンの量は減り卵胞ホルモンのはたらきが強くなります。

 

すると肌の調子が改善するというのが一般的です。

 

生理周期に合わせて肌のケアを変えたり、生理前2週間からは脂っこいものを控える、睡眠時間をしっかりと確保するなどで対策をしましょう。

 

ラミューテ公式サイト