寝不足は大人ニキビに悪影響

大人ニキビの対策で重要なのは、生活習慣の改善です。

寝る女性

 

ストレスがたまったり食生活が乱れると大人ニキビに良くありません。

 

また、睡眠も重要です。

 

寝不足はお肌の大敵などと言われますが、大人ニキビにも当然悪い影響を及ぼします。

 

睡眠中には成長ホルモンが分泌され肌ダメージの修復が行われます。

 

そのために寝不足になると肌の修復が進まず老化がすすみ、ニキビが発生したり悪化してしまいます。

 

ニキビの女性

またシミやへこみなどのニキビ跡も治りにくくなってしまいます。

 

さらに寝不足は自律神経のバランスを崩し、それが原因となって男性ホルモンが過剰になってしまいます。

 

男性ホルモンは皮脂の分泌を活発にするため、これが増えると大人ニキビの原因となります。

 

また、睡眠中には免疫細胞が活性化します。

 

寝不足になると免疫力が低下するので、ニキビの原因菌が増殖しやすくなり、炎症がひどくなってニキビが悪化してしまいます。

 

大人ニキビの改善のためにはきちんと睡眠を取ることが重要です。

 

ベッド

睡眠時間は最低でも6時間は確保しましょう。

 

肌のターンオーバーが活発になる22時〜深夜2時睡眠のゴールデンタイムと言われています。

 

なるべくこの時間帯は眠るようにするのがおすすめです。

 

また成長ホルモンの分泌は入眠後3時間でピークになります。

 

このピークがゴールデンタイムと重なるように、遅くても23時までには寝るようにしましょう。

 

ラミューテ公式サイト